タグ:煙水晶 ( 8 ) タグの人気記事

233





rutilated
smoky quartz
(煙水晶)


b0318351_12032668.jpg


共生鉱物 ルチル(金紅石)
Novo Horizonte,
Bahia,Brazil


暖色系の照明のもと
魅力を発揮します。

ごくごく細いルチルが入り
反射した光が、複雑な線の動きを見せてくれて
くるくる回しては楽しんでいます。


b0318351_12032940.jpg


裏はセルフヒーリングで
そこにもやや太めのルチルが3本取り込まれており
水晶の底までもが
光に反射してキラキラと。


言うなれば夜の石。
仕事も家事も、
今日一日の業務が終了した後に
部屋で眺める。
スモーキーなところも落ち着くポイントです。


自然光や蛍光灯で見てはいけません。
ルチルが白く全体に浮かび上がり
逆にちょっと気持ち悪いので(笑


そのギャップも面白いです。





ところで…「白熱灯」という言葉だと
特徴や色もまるっと含んでいるので一言で表せるのですが
今はLEDなんですよね、実際。
暖色系のLED
寒色系のLED
うーん、しっくり来ないので
とりあえず「暖色系の照明」としました。
なんて表現したらいい?






ホリ・ミネラルコレクティング
'16 autumn



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
by coquelicot_bleue | 2017-07-05 12:07 | その他鉱物 南米 | Comments(0)

178





smoky quartz
(煙水晶)


b0318351_19324140.jpg


2.7×2.5×3.8cm
化学式 SiO₂
Morocco


バランスのとれた立ち姿。
かっこいいです。


なんだろう。
自分のイメージでは
海辺の崖の上に立つ、朽ちた城か修道院のよう。

海に崩れ落ちる塔と残る塔、そして瓦礫。


b0318351_19330179.jpg


アンティークフェアで購入した鉱物。

もちろんアンティークフェアですので
心構えなく鉱物欲ゼロで行ったのですが
思いがけず、だからなのか
照明にキラキラキラキラ~ッとある姿に
テンションup↑

購入店の奥様が鉱物好きで、とのこと。
確かに、究極のアンティークですかね^^これは。


この間の蛍石でモロッコブームだったので
産出国もツボでした。
あまりこの国の煙水晶、聞かない??


b0318351_19330377.jpg


瓦礫の部分は光に反射して
煌めきます。
照りが良い煙水晶です。


b0318351_19344390.jpg





収納している箱



b0318351_19344023.jpg

ぴったりな箱つき。
この手作り感もツボでした。



購入日 31/05/15
アンティークフェアin新宿
(La Trois)




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
by coquelicot_bleue | 2015-10-12 20:20 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

157






microcline/amazonite
(微斜長石/天河石)


b0318351_18323489.jpg



大きさ 1.5×1.8×2.3cm
化学式 KAlSi3O8
共生鉱物 smokyquartz(煙水晶)
Lake George area,Teller Co.,
Colorado,USA


アマゾナイトと煙水晶の共生鉱物です。

透明度が程よいので
煙水晶越しにアマゾナイトが見えます。

b0318351_18323827.jpg

これもいつか欲しいと思いながら
目にしながらも
なんとなく購入せずに居て、
好みやサイズ、お財布の中身等々の
タイミングが合わずに入手していませんでした。

これはもうほんとに偶々。
翠銅鉱を求めたお店で
上段の隅のほう、一緒に目に入ってきました。
うわー好みー♪
このちんまりさ、寄り添う感じ
即決です。

b0318351_18324010.jpg

後で知ったのですが
お店のFBに載ってたようで、なんかニンマリです。


青緑色の微斜長石がアマゾナイトです。
発色は微量の鉛によるものとか。
長石グループもなかなか・・・奥が深そうですね。

アマゾナイト、という名前ですが
アマゾン川では採れません(汗)
天河石という和名は、英名を訳したものでしょうか?
色といい不透明さといい
異国情緒のイメージピッタリで、
これも好きな和名です。
宮沢賢治の童話にもみられます。

ひかりしずかな 天河石 ( アマゾンストン ) のりんどう


収納している箱
標本箱 vol.4


b0318351_18324201.jpg

購入日 05/12/14
東京ミネラルショー
The 1 Mineral and Gem




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村

by coquelicot_bleue | 2015-01-29 18:38 | その他鉱物 北米 | Comments(0)

154



smoky quartz
(煙水晶)


b0318351_19501909.jpg


3.5×4.3×5.3cm
化学式 SiO₂
with
on Matrix
Galenstock,Tiefenbach,
Urseren,Uri,

Switzerland


クローライトがキラキラと、捩れやムラも無く
均等に覆っているところに、パッと注目しました。
そして!憧れの産地です。


キーンと音がしそうな透明な水晶もいいですが
こうしたぼんやりとした水晶も好き。

b0318351_19502758.jpg


ごく淡い色の煙水晶のなかは
レース越しの光のごとく柔らかな光で満ちています。
水中のようにも思えます。
向きを換えてみると
覆っているクローライトが光に反射します。

b0318351_19504376.jpg

グインデルをはじめ
美しい煙水晶の産出で有名なスイス・ウーリ州のうち
ガレンシュトックのものです。
mindatによるとこの一帯、尾根沿いに
産出地が点在しているようです。


ガレンシュトックはウーリ州とバレー州の
州境に位置する標高3586mの山です。
ハイキングコースがあるようで
検索すると日本人の方のハイキングレポが拝見できます。
険しい山々と氷河の美しい景色。

いやーそれにしても
切り立った険しい山だこと・・・。
命がけですね。
日本に居ながらにして
地球の恵みを手に出来る喜びに感謝です。


ウーリ州では
これまた美しいピンクのフローライトも出ます。
いつか目にして見たいものです^^





購入日 21/11/14
ホリ・ミネラルコレクティング
'14 autumn




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
by coquelicot_bleue | 2015-01-19 19:55 | その他鉱物 欧州 | Comments(0)

134




smoky quartz
(煙水晶)


b0318351_13331653.jpg


1.8×2.2×2.6cm
化学式 SiO₂
on Matrix
Anderson's gully,
Victoria, Australia




渋~い両錘水晶(DT)。
墨を流したような
濃い黒のマーブル模様が魅力の煙水晶です。


b0318351_13332149.jpg


水晶の産地として「オーストラリア」というのも
マイナーというか・・・。
オパールのイメージが強い国です、私にとっては。

オーストラリアで水晶が採れるんだ

こんな煙水晶もあるんだな~^^という印象です。



mindatの地図で見ると
アンダーソン川があるのですね。
gullyは小峡谷の意味ですから
アンダーソン川の小峡谷から採取したのだとわかります。

また、mindatによると
Anderson's
gullyはmooralla地区にあるようです。

「Anderson's Gully (Anderson's Creek), Mooralla,
Southern Grampians Shire, Victoria, Australia 」



「モララクォーツ」で見かけるのは
産地名の冠をつけているのですね。
愛称がつくのは、その独特な容姿からでしょうか。


b0318351_13331866.jpg


メルボルンのあるオーストラリア・ビクトリア州。
ビクトリア州最大の国立公園である、
グランヴィアンズ国立公園の西にロックランズ湖があります。
その湖に注ぐアンダーソン川。
きっと美しいところなのでしょう。

ちなみに「モララ」という
地名の由来も気になるところです。


収納している場所
鉱物標本棚に飾っています。

b0318351_13332359.jpg

60年代のオールドカリモクの
ライティングビューロを鉱物標本棚としています。


私は鉱物は飾らずに箱に仕舞う派なのですが
この空間だけは別で
紫外線とホコリを避けることが出来るので
安心して飾ります。
(フローライトは柔らかいので万が一のためにプラケース入り)

見たいときには扉を開け
仕舞いたい時には扉を閉じ
「私だけ」のひそやかな楽しみが味わえるので
重宝しています。


購入日 25/07/14
ミネラルザワールドin横浜
クリスタルワークス



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
by coquelicot_bleue | 2014-12-10 13:39 | その他鉱物 アジア | Comments(0)

102




smoky quartz
(煙水晶)


b0318351_21145651.jpg


2.2×2.1×4.9cm
SiO₂
共生鉱物 epidote(緑廉石)
Santa Teresa Mts,
Arizona,USA


エピドートが内包された煙水晶です。

ルーペで見ると面白く
コロンとした姿も好きな石です。

b0318351_21150160.jpg


購入したお店によると
ディーラーさんが自らフィールド採掘したものらしいです^^



収納している箱
水晶の箱

b0318351_21290787.jpg


購入日 02/01/14
2014年福袋
Nehan


☆色見本帳☆
薄墨色×鶯色


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
by coquelicot_bleue | 2014-08-27 21:32 | その他鉱物 北米 | Comments(0)

088






smoky quartz
(煙水晶)


b0318351_22372216.jpg


3.7×4.7×2.5cm
化学式
on Matrix
Grimsel Pass,
Berne,Switzerland


ずらっと並ぶ美しい標本の中から
ポイントも気になったのですが
結晶が並ぶ森をゆっくり眺めたいと思い、
母岩付きのクラスターを選びました。


b0318351_22372423.jpg

色が均等に濃くて、
透き通るような透明感が名高いスイス産です。

ルーペ越しに結晶の森を散策してみると
結晶の向こうにもう一つ結晶が見えたり
足元に小さな両錘水晶が落ちていたりします。

スイス、グリムゼル峠。
googleで覗いては想いを馳せるのでした。


b0318351_22372650.jpg


収納している箱

b0318351_22371859.jpg


購入日 06/12/13
東京ミネラルショー
(USK MINERALS)

☆色見本帳☆
coffee brown


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
by coquelicot_bleue | 2014-07-21 22:40 | その他鉱物 欧州 | Comments(0)

054






fluorite
(蛍石)


b0318351_22050143.jpg


1.4×3.0×1.3cm
CaF2
on smoky quartz (煙水晶)
with chlorite (緑泥石)
Glacier d' Argentiere
Nant Blanc,Mont Blanc,France




煙水晶のオシリに
こちゃっとピンク蛍石がついています。
よく見れば八面体・・・というささやかな程度の^^


b0318351_22050597.jpg

b0318351_22050971.jpg


これは中国やブラジルのような大規模鉱山とは違って
手掘りでひとつひとつ採取してくるものです。
おそらく観賞目的だけのためでしょう。
スイスやフランス、イタリアのアルプス産では
雪が溶けた夏の間の短い期間だけ、
更に採掘スポットを知っている者だけが
危険な山に登り、崖から採って山を降りてきます。

産地名はグラシエ・ダルジャンティエール
・・・氷河です。面積14 km²。


私が購入を決めたのは、
共生ものが好きなこと
gray×pink の組み合わせが子供の頃から好きなこと
憧れのモンブラン産で、sale価格だったこと
宇宙船のような形がいい・・・
残され島にささっている感じ^^(by未来少年コナン)


b0318351_22051481.jpg


小さなピンクの、よく見れば八面体結晶には
降り積もったようにクロライトが付いていて、透明度は落ちます。
ですが、隙間から見えるのが透明なピンクだったり
クロライトが反射して
ザラメのように煙水晶が煌めいたりするところが好きです。

b0318351_22052766.jpg


フランスやスイスのアルプス産は
蛍石や水晶はおおむね高価です。
結晶は透明度が高く美しいので、もっともなことですが
大量生産で無いのと、手間と期間限定という事も
関係するのでしょうか。
あと、おそらく国の物価も?

ヨーロッパでは人気の産地で
この産地だけのコレクターもいるとか。
日本に入ってくるのは順番的に後のほう・・・。
だけど、採ってきてくれる人たち
ありがとう。

フランス側からの表記ではモンブラン(Mont Blanc)。
イタリア側からの表記ではモンテビアンコ(Monte Bianco)。
実際比べたことはありませんが
同じ山の産地でも、
イタリア表記の方がお安いとかどうとか・・・。



b0318351_22203485.jpg
星へ行く船 (by 新井素子)


収納している箱
標本箱 vol.2

b0318351_22205109.jpg


購入日 09/12/12
東京ミネラルショー
(ショー3日目)
あうん

☆色見本帳☆
gray×pink


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
by coquelicot_bleue | 2014-06-02 22:26 | 蛍石 欧州 | Comments(0)