171






selenite
(透石膏)


b0318351_21130693.jpg



ボールだけ 直径2.5cm
柱状結晶含む 3.6cm
化学式 CaSO4
Red River Floodway,
Winnipeg,Manitoba,
Canada



セレナイトボールなるものを知って
片思いしつつ1年あまり。
途中で入手した「欠片」111を眺めながら
いつかを待っていて
ついに!ご縁がありました。


b0318351_21130987.jpg

小さいのが欲しかったんです~。


b0318351_21131150.jpg


欲しいなと思いつつ
soldだったりサイズが大きかったりで、なかなか。


ブラックライトで蛍光&燐光します。


b0318351_21123201.jpg


脆くて湿気に弱く、取り扱い注意です。




収納している箱

b0318351_21122991.jpg


購入日 10/01/15
きらら舎



◆◆◆



取り扱い注意というのは
硬度もそうですが劈開(割れる方向)にも注目
また、触る、落とす、倒れる、湿気や乾燥や紫外線
のほかに
ミネラルタックは盲点だな~、と・・・。


鉱物の固定については、ミネラルタック派と
ホットボンド(グルーガン)派がいます。


私は、箱に入れたままや買ったままが多いので
「派」とかいう拘り具合ではないですが
ミネラルタックが多いです。
しかもお店で付いてきた物を使い回し・・・(汗)


メインの鉱物に注意していたら
なんと母岩が脆い!というのもあって
クリソコラの母岩がペリペリとはがれた事があります。
これはミネラルタックはやめて、箱に入れて保管しています。


また、ミネラルタックで固定された状態で購入した
柱状結晶の傾きが気に入らずに自分で固定しなおそうとした時は
お店でついてきたミネラルタックが
すごい粘着力で引き剥がす力が入り
壊れないかヒヤヒヤしました。


ミネラルタックもメーカーによって
いろいろあるのでしょうか。



お店によっても固定の仕方はどちらかで
ホットボンドなお店は
「ここが見所」というのを出してくるのでそれも楽しみたいです。
一方、ホットボンドをはがしてみると
見えなかった面が見えたりするのも興味深い。

どうして固定にコレを使っているのか、
いつか聞いてみたいと思います。


ホットボンドは見た目が美しいですが
付け外しが簡単ではなく、
慣れていないと角度の固定に気を使いそうですね。
夏の暑さで取れることもあるそうです。

ミネラルタックは付け外しが簡単ですが
崩れやすい鉱物には不向きで、
油分が染み出る、乾燥する等
経年劣化して鉱物によっては悪影響も。








にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-28 21:21 | その他鉱物 北米 | Comments(0)
<< 172 170-② >>