082




chrysocolla
(珪孔雀石)


b0318351_20551659.jpg

3.0×4.1×2.0cm
(Cu,Al)2H2Si2O5(OH)4·nH2O
共生鉱物 quartz(水晶)
Lily mine,Ica,
Pisco,Peru


b0318351_20552883.jpg


クリソコラは銅鉱床の酸化帯で、
マラカイト(孔雀石)の炭酸成分が
フィロケイ酸に置き換わったような組成であり、
孔雀石と同時に産出されるとか。

モース硬度2.5-3.5で単体では柔らかいですが
石英が浸透したものは硬く、
ルースに成ることができるそうです。


b0318351_20553085.jpg

この標本の母岩部分はミネラルタックに負けて
ペリペリとはがれてしまいますので、脆さがわかります。
付けたり剥がしたりは無闇にできません。


ところで、
ドゥルジークリソコラ
ジェムシリカ
クォーツオンクリソコラ
等々、いろんな呼び名がありますが
クリソコラ部分にクォーツが浸透しているのがジェムシリカ?
浸透してないのがクォーツオンクリソコラ?
水晶の大小や荒い細かいによってドゥルジークリソコラ?

・・・違いが良くわかりません。
なんとなく、でいいですか?(苦笑)

原石もいいですけど
モコモコの水晶部分をそのまま活かしたルースなんかも
画像検索でヒットして、かわい~(´∀`)*でした。



南の海のさざ波のよう。
青い鉱物は数あれど
個人的には
これが一番、「海」を感じさせます。



収納している箱

b0318351_20555220.jpg
b0318351_20553708.jpg

もともと白箱でしたが
黒箱の方が映えるので入れ替えました。


購入日 22/11/13
ホリ・ミネラルコレクティング
'13 winter autumn

☆色見本帳☆
jay blue


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-07-11 21:00 | その他鉱物 南米 | Comments(0)
<< 083 081 >>