025






muscovite
(白雲母/きらら)


b0318351_23131164.jpg

大きさ 3.6×3.1×2.2
KAl2□AlSi3O10(OH)2
Itinga
Minas Gerais,Brazil

・・・□は空孔だそうです。

b0318351_23131690.jpg

広くマイカ(雲母)のグループがあります。
化学式は一般的に
I M2-31-0 T4 O10 A2
で表され
それぞれのアルファベットに様々な元素記号が入ることで
白雲母(モスコバイト) 、金雲母、鉄雲母、リチア雲母(レピドライト)
などなどに分かれます。
さらにモスコバイトのうち
双晶により6つの角を持ち
あたかも星のように見えるものがスターマイカです。

モスコバイトという名は 
かつて、ウラルからモスクワを経由して
ヨーロッパに流通したことから名付けられました。

セルロイドのような光沢から
日本では「きらら」と呼ばれます。


b0318351_23131947.jpg

b0318351_23131487.jpg

雲母は「千枚はがし」とも言われます。
外国では ‘BOOK’ とも。
窓材や絶縁体として利用されたり
日本画では粉末にして光沢を持つ絵の具の材料とされたり。

役に立つ鉱物です。


ブラジル ミナスジェライス州
鉱物の産地としては
コリントやイティンガが聞かれます。
水晶・青水晶・紅水晶をはじめ
トパーズ、トルマリン、マイカなどなど
鉱物好きにはお馴染みの地名です。
ミナスジェライス州の紋章が
鉱山マークとランプをデザインしていて
めちゃカッコイイ!と思っていたら
それもそのはず
ミナスジェライスは「宝石の鉱山」という意味なんですね。

インペリアルトパーズ、欲しいです。
青水晶もとても綺麗。


前にupしたコロンビアの鉱山は
スペイン人が関わっていますが
ブラジルはポルトガル人だそうです。
大航海時代は
「どうやらこの地が球体なのはホントらしいぜ?」
黄金の国、ジパングを目指して始まったとか。
辿り着いたところが、その果ての国だと勘違いして
実際、黄金やら宝石やらあってしまったのです。
ちなみに
カリブ海に浮かびインドとはかけ離れているのに
「西インド諸島」というのは
その当時の勘違いから来ているのです。
ジパングが黄金の国、といわれたのも
実は畳を見てexciting!!!したとかなんとか・・・。




収納している箱
b0318351_23132101.jpg

購入日 04/02/12
cafeSAYA

☆色見本帳☆
薄黄



by coquelicot_bleue | 2014-04-05 23:28 | その他鉱物 南米 | Comments(0)
<< 026 024 >>