272





Celestite/Celestine
(天青石)


b0318351_10291240.jpg


SrSO4

Katsepy Commune,Mitsinjo District,
Boeny Region,Mahajanga Province,
Madagascar


(天青石については004へ)


004を浅草石フリマで放出後、
やはり…英名も和名も色や姿も
「空」そのもののこの石を所有したい気持ちがムクムクと。

メジャーなので比較的買いやすい鉱物なのですが
そこはそれ
目が肥えてしまったヲタ。
こだわりが出てしまったんですね~汗

どうせなら以前とは違う、
一つの結晶が際立ったクラスター標本がいいな~と
ちょっと探してみたところでは…ありません。

思えば、柔らかくて割れやすい石なので
そういうのないのかも…。

それでも地味に覚えていると
程なくして理想の結晶が現れ、購入。



b0318351_10292102.jpg


購入時の画面上では
トップがちょっと欠けている?でもすごくきれい…
と思っていた所は、ちょっとの打ち痕ぐらいで、
私が画面で「欠けている」と思った部分は
なんとその透明さ故に
裏側の結晶面が反射して映っているためでした。




僅かな光が差し込む部屋で
石を眺めるのが好きです。



b0318351_10291685.jpg


中の景色も雲の上のようで
飛行機の窓から見える景色そのもの。


ありそうでない標本かと。
放出して頂き感謝感激です。







にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
# by coquelicot_bleue | 2018-11-09 10:38 | Comments(0)

271




fluorite
(蛍石)



 
b0318351_22465609.jpg
 
 
 340Level,Frazer's Hush Mine
Rookhope, Durham County , England

Ex.Greenbank coll.



b0318351_22472672.jpg

ジェミーな蛍石。
ぱっと見は紫
よく見るとゾーニング
透かしてみれば裏側に飴色の部分があります。


様々の色が入り混じり、かつ透明なので
見る場所や照明、背景によって、
表情を変える印象があります。


寝る前に白熱熱灯下で見ることが多いです。
その時は柔らかい、こっくりとしたブラウンのような。
芳醇なウィスキーの雰囲気。
日常の毒を忘れて良い夢見れそうな。

キッチンの蛍光灯で見ると
場所がらの陰影によって青みが強くより透明に。

日差しのもとで見ると
持ち前の蛍光色を発します。
蛍光が強いため
そもそもあなたは何色??となります。

写真は、午前中の日差しの入らない西の部屋。
今回はじめてこの蛍石が何色か
把握したような感じです。


b0318351_22465933.jpg

大変美しい。


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
# by coquelicot_bleue | 2018-10-26 23:02 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

270




fluorite
(蛍石)



b0318351_22002172.jpg


CaF2
Langeac, Haute-Loire,
Auvergne, France



b0318351_22001604.jpg

緑色の蛍石を母岩として
その上に水晶、
その上に澄んだ空色の蛍石
その上に微細な水晶。

b0318351_22002584.jpg

光を反射してキラキラだったり
透き通った水色が清々しかったり…
しかしながら
それらは写真に捉えることが出来ません(泣)
単なる平面になってしまいます。
やはり石は実物を見てもらってなんぼ、だと
思いますね、こういう時。


蛍石全体にまぶされた微細な水晶も
まるで砂糖菓子のようです。





にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
# by coquelicot_bleue | 2018-10-23 22:09 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

269






fluorite
(蛍石)


b0318351_18114858.jpg



(左)La Girardie Mine,Trebas,Tarn,France
(右)Le Franciman Mine ,Saint-jean-de-jeannes,Tarn,France


b0318351_18115766.jpg



b0318351_18120377.jpg



古い鉱山なのかな?

場所はどちらもTarnである意外は
あまり情報が見当たらない鉱山。
興味のある方は調べてみてください。


Tarn(タルヌ県)といったらLe Burg鉱山がまず有名。
2015年の池袋ショーパンフによれば
この県には En Bournegade mine という鉱山もあるようで
当たり前ながらいくつか鉱山があるんですね。

La Girardie Mineの方は、
Valzergues(255)の蛍石に色の配列が似ているなと言うのが第一印象。
Valzerguesはお隣のAveyron(アヴェロン県)ですから
つながっているのでしょうかね(憶測)

Le Franciman Mineのほうは
ツヤツヤプルプル。
非常に好みな綺麗な水色。
角に結晶形も有しています。

b0318351_23305149.jpg

大変かわゆいです。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
# by coquelicot_bleue | 2018-10-04 18:35 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

268



fluorite
(蛍石)



b0318351_18175806.jpg


CaF2

karaoba,
U.S.S.R


「旧ソ連 カラオバ鉱山 1950年代」
として購入したもの。


b0318351_18243756.jpg


照り・色・透明度…
とても綺麗な蛍石です。


b0318351_18172707.jpg


カラオバは今のカザフスタンですね~。



____(ここからは個人見解ですが)___
カザフか旧ソ連か、というのは地質上は関係ない前提で。

カザフの青い蛍石は
私の耳の限りでは聞いたことがなく…。
ちょっと検索しただけですが資料が見つかりません。
オールドコレクションとかで
モニター上、紫は見るんですけどね。
情報や流通が閉ざされた時代ではあった可能性とか
複雑な時代ですので
一個人がどーこー言える立場ではないですけど。

ロシアのバイコフや
最近の、綺麗すぎる青蛍石のように
これも噂が無くはないようです(石クラスタの間では)。
しかし、自分で検証していません。
ま、そういう話もあるよ、という程度で。
実際はどうなんでしょう。
興味ある方は調べてみてくださいね。

見れば見るほど魅了される妖しさであるのは
確かです^^


___(以上、個人見解終わり)___



ちなみに旧ソ連時代に
オリンピックなどでみていた「CCCP」
あれ、キリル文字ですって!
「エス エス エス エル」と読み
Союз Советских Социалистических Республикの略
…言われてみればそうですよね!
「CCCP(しーしーしーぴー)」と読んだ人は…

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

英語名だと
U.S.S.R(Union of Soviet Socialist Republics)だそうです。

(↑ピクシブ百科事典より)








にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
# by coquelicot_bleue | 2018-09-12 18:28 | 蛍石 アジア | Comments(0)