タグ:フランス ( 13 ) タグの人気記事

234





staurolite
(十字石)


b0318351_11533453.jpg


化学式
(Fe2+,Mg)4Al18Si8O46(OH)2
Band,France


定番中の定番。
よく見るものほど
理想が高くなる…そんな石です。

母岩無しの単結晶。
ラベルによると、
ずっと前からお店に並んで見ていたはずですが
うーん。
いままで触手が伸びなかったのが不思議なぐらいの、
「あ、これ」ってな具合の一目惚れ。
前に石友さんがupしてたので
印象が変わったのでしょうか。
いいなあ、と思っていたことも
この時一緒に思い出しました。



まるで誰かが誰かのために作ったような
断面六角の十字形は、直交型双晶によるものです。
 

陰影が好き。
一部ギラリとする金属光沢が渋カッコイイのです。


フランス産というのも…決め手。
石に国境はないですが、古くて美しい印象です(個人的に^^)
古い香水店の紙、マリア像、
古い水色の棚受け、枯れたドライフラワー
などといつか撮りたいですね。




USK MINERALS




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2017-07-05 12:09 | その他鉱物 欧州 | Comments(0)

226




fluorite
(蛍石)


b0318351_22181916.jpg


La Barre mine,Puy-de-dome,
France



青くて有名なラ・バールの蛍石です。
明るい空色の青も良いですが
夜空色の深い青の蛍石が欲しくてひとつ。


b0318351_22182864.jpg


色が濃くて照りもあって
小ぶり結晶の寄せ集まりなので
写真に撮りにくい…。



ラ・バールはピュイ・ド・ドーム県
ストリートビューで見ると
のどかな風景が広がっていてとても素敵です。

どこか旅に行きたいな~。



Lu-tan


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2017-03-12 22:22 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

203






"Diamond Quartz"
(水晶)



b0318351_23470514.jpg




6.0×3.8×7.4cm
SiO2
Nodule à septarias(亀甲石の瘤)
Drôme,
Rhône-Alpes,France





「そしてよだかの星は燃えつづけました。いつまでもいつまでも燃えつづけました。」



『よだかの星』宮沢賢治




◆◆◆


夜空に輝く星
街明かりの村
鳥の形の空洞


セプタリアノジュール内の水晶
割ったら出てきた小さな世界なんて驚きです。

ハーキマー型水晶みたいなものでしょうか。
見た目で聞いてみたら
高温水晶(ベータクォーツ)ではないとのこと。
確かに良く見ると柱面が僅かにあります。



b0318351_23470891.jpg


フランス産です。
…石に国境は関係無いはずですが、
どことなく詩的な洗練された、という言葉がぴたりとくるものが
フランスには多いような。



ジオードじゃないところも私のツボで
手になじみのいいノジュールの肌触り。
片手にスッポリ収まる大きさです。


b0318351_23471526.jpg


後ろ姿も、お地蔵さんみたいで、
ほっこりとした気持ちにさせてくれます。


コレを書きながら
そういえばブログ等々で一時期
フランス産ハーキマー型水晶の話題を見たなあ、と。
フランスでもこういうのが!?
と思ったのを覚えています。



ホリ・ミネラルコレクティング
winter




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2016-07-11 23:52 | その他鉱物 欧州 | Comments(0)

195






fluorite
(蛍石)


b0318351_14175690.jpg

CaF2
Clersanges Mine,
Haute-Loire, France




フランス・オートロワール県にある
クレルサンジュ鉱山の蛍石


某さまが、印象派のような、
とおっしゃっていた通りのイメージです。





この石に合う箱を探しに行き、
どなたかの手作りの箱を見つけました。

b0318351_14175965.jpg

フランスの古いサボンラベルに
フランスの水色蛍石


b0318351_14180389.jpg




購入店
東京国際ミネラル 秋のフェア
(The 1 Mineral and Gem)





にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2016-01-12 14:23 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

183






fluorite
(蛍石)


b0318351_21334712.jpg

3.3cm角×2.0cm
化学式 CaF2
Langeac, Haute-Loire,
Auvergne, France


ランジャック産の蛍石です。


b0318351_21335613.jpg

黄色×青のゾーニングが魅力的。
フランスの蛍石は
黄色を持っていなかったことと、
濃い青ももう一つ欲しかったこと、
几帳面な■!大好きなので、求めました。
しかも黄色も、なんというか、
深みのある色なんですよね。


b0318351_21335450.jpg

中の白いモヤは、方解石?なんでしょうね?
色の層とあいまって
白が前面にあることで奥行きが感じられます。
光に反射してキラキラします。

個人的には
風の強い夜明けの空にちぎれ雲、
と思って眺めています^^


b0318351_21375950.jpg


裏も面白くて入れ子式のゾーニング。


b0318351_21380393.jpg




鉱山は購入した6ヶ月前に(ということは今年はじめに)、
崩れた為に閉鎖されたそうです。



購入日 16/06/15
IRUKAminerals




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-10-29 21:42 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

179






fluorite
(蛍石)


b0318351_19073325.jpg

大きさ 1.2×3.4×2.0cm
結晶 0.7cm
化学式 CaF2
on matrix
Chamonix,France


床の間においてありそうな風情…?
実際は小さな小さなサイズです。


b0318351_19080736.jpg

ちょっとボリュームのある八面体。
ちょこっとクローライトが乗ってます。


結晶の透明感もそうですが
決め手は実は、かわいいラベルだったりします♪
そして【Fluorine】…フランス語表記~♪

買ったお店がフランス人のところだったため
なんか嬉しく^^

フランスのピンクは
煙水晶に付いたものや単結晶は持ってますが
母岩付き持ってないし、透明な結晶持ってない…
とか、理由をつけて購入。




b0318351_19092969.jpg


購入日 05/06/15
東京国際ミネラルフェア
(Minèral'ys(仏))




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-10-16 19:15 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

087




fluorite
(蛍石)


b0318351_22244623.jpg


0.7×1.5×1.5cm
CaF2
共生鉱物 smoky quartz(煙水晶)
Jardin de Talèfre,
Massif du Mont-Blanc,
Chmonix,France



小さく淡いスモーキークォーツに
ピンクのルーズな蛍石結晶がついています。
リボン・・・というよりも、
個人的には、金魚みたいで可愛いなと^^


b0318351_22244862.jpg


Talèfre氷河、で検索すると
採取している方のブログがありました(仏語)。
氷河が削った後の斜面、
ガレキがゴロゴロとしているようなところの
岩の隙間からスモーキークォーツの晶洞が??
写真だけ見るとそんな感じですけど・・・
海の岩場でウニを採る、みたいな
そんなもんなんでしょうか。


b0318351_22245180.jpg


採取している人だけの
ひみつの場所、なんかもあって
敢えて産出地を明らかにしない事もあるようです。




収納している箱
標本箱 vol.3

b0318351_22244052.jpg



購入日 06/12/13
東京ミネラルショー
(USK MINERALS)

☆色見本帳☆
rose×gray


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-07-17 22:33 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

074



fluorite
(蛍石)


b0318351_22033745.jpg


2.8×2.4×2.9
CaF2
共生鉱物 quartz(水晶)
Le Burc Mine,
Alban Tarn,
France


粒つぶと付いた水晶が
水滴のようで瑞々しい。
淡い水色は
Le Burcらしい蛍石だとおもいます。


b0318351_22033369.jpg


b0318351_22032637.jpg

ゾーニングが綺麗です。


b0318351_22033011.jpg


下についている共生鉱物は
水晶なんですが、
粒つぶと上に乗っているのは
ルーペで見ると八面体が埋もれた形なんですよね。
八面体(つまり四角)になる水晶なんてあるのでしょうか。
ちょっと謎です。


b0318351_22034163.jpg



収納している箱
b0318351_22032075.jpg

購入日 下旬/07/13
初台愛石館

横浜で売っていたのが忘れられず
後で問い合わせて購入。


☆色見本帳☆
aqua


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-06-25 22:09 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

068





fluorite
(蛍石)


b0318351_21455279.jpg


1.8×2.1×2.0cm
CaF2
La Barre Mine,
Saint-Jacques-d'Ambur,
Pontgibaud,
Puy de Dôme,
Auvergne,France



b0318351_21455417.jpg


結晶面は曇り硝子様なのですが
一角、クリアなところがあって
そこから覗ける中の景色が大変綺麗です。


b0318351_21470967.jpg

ブルー×ブルーのゾーニングと
中心は黄色の、バイカラーなのがわかります。

b0318351_21464161.jpg

産地は・・・サン=ジャック=ダンブル、ポンジボー、
ん?Puy de Dôme
おお!ピュイ・ド・ドーム!! 

・・・気にしてませんでした(汗

フランスの有名なドーム型の死火山です。
円錐形の小さな火山がポコポコ連なる
シェヌ・デ・ピュイ火山群
展望が美しい名所で、
ミネラルウォーター「ヴォルビック」のCMでお馴染みですね。
「オーヴェルニュの火山層で磨かれた~」
まさにその地です。
火山といっても死火山なので、とても緑が豊かな山です。
最後に噴火したのはおよそ1万1千年前だそうです。

かのパスカルもこの山で重力の実験をしたのだとか。

ラ・バレ鉱山は古代の蛍石鉱山で
(mindatでは、ancientという単語を使っているぐらいですから
相当古いのでしょうか??)
1918年~1948年までは鉄鋼石を産出していたそうです。
現在は閉山されていて、立ち入り禁止です。
石英上に、時々黄色いファントムの青色結晶標本で知られているとの事。
画像を見ていると
擦りガラス上の結晶面は産地の特徴のようです。


b0318351_21471154.jpg
b0318351_21471329.jpg


・・・


前(038&039)にも気にはしていたのですが
今回調べていて、面白いものを見つけました。

「フローライト」の各言語です。

英語 fluorite
フランス語 fluorine (or
fluorite)
スペイン語 fluorita
ドイツ語 fluorit
ロシア語 флуорит
韓国語 형석
中国語 萤石

ちなみに、アラビア語は
فلورايت

フィンランド語は
fluoriitti

「蛍石」は中国から渡ってきた言葉ですが
漢字が違うのですね。

kiitos!


・・・


ドイツ語のfluoritのwikiが
蛍石の画像が綺麗~!でした。眼福♪
そのなかでオレンジ色の蛍石があったのですが
同じオーベルニュ地方でした。
Les Sausses mine ですって。

ライトブルーの画像をクリックすると
各国言語が見れて楽しかったです。


・・・


収納している箱
標本箱 vol.2

b0318351_21454764.jpg


購入日 上旬/07/13
松浦鉱物標本

☆色見本帳☆
cobalt blue×はなだ色×chrome yellow


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-06-19 21:54 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

058




fluorite
(蛍石)



b0318351_21463299.jpg


2.9×2.9×2.9cm
CaF2
共生鉱物 quartz
on Matrix
Le Burc,Albi-Tarn,
Midi-Pyrénées
,
France,1987
(Ex. F&W Melanson)



1987年のオールドコレクションです。


b0318351_21463602.jpg


b0318351_21463981.jpg


ル・ブルク鉱山
アルビ‐タルン
ミディ‐ピレネー地域圏

場所としては南フランス。
トゥルーズのほう。

鉱物には関係ないですが
トゥルーズはスミレの群生地があり
『スミレの市街』、という以外にも
建物の特徴から別名『バラ色の都市』など
風向明媚な美しい町のようです。
アンティーク関連では
トゥルーズの古いスミレの香水瓶&箱が人気なんです^^


この産地は
綺麗な水色の蛍石が知られます。


b0318351_21464716.jpg
b0318351_21464203.jpg

これは054のように、
アルプス地方のような手掘りでの採掘ではなく、
(↑フランスのものは皆そうだと思ってました私です^^;)

かつては銅の鉱山でしたが
1945年に再開拓され
1954年から2006年4月まで運営していた蛍石鉱山だそうです。
フランスでの最後の蛍石鉱山でした。


b0318351_21465073.jpg
同じくらい昔のフランスの田園風景と。


グーグルで行くと
アルビの街はタルン川に掛かる
橋からの眺めが素敵です。
ちょっと行くとのどかな田園風景が広がります。


フランス、好きなんです!
行きたいなー!


b0318351_21465501.jpg



収納している箱


b0318351_21465284.jpg


購入日 24/03/13
ミネラル・ザ・ワールド横浜
USK MINERALS

☆色見本帳☆
white×skyblue


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-06-06 21:57 | 蛍石 欧州 | Comments(0)