007



Amethyst
(紫水晶)

b0318351_09173254.jpg

大きさ 0.7×1.1×1.9
SiO₂
Veracruz, Mexico

とても小さいです。
これもベラクルス産でした。
意識していなかった。。。
ベラクルス産アメジストについては前述(003)

最初に
雰囲気の良い古い小箱に一目惚れし
それに入れるものを、と
ザラザラと硝子皿にたくさんあった中から
ポイントが二つ連なった
カテドラルを見つけました。

b0318351_09173977.jpg
b0318351_09174369.jpg
b0318351_09174551.jpg

LE PETIT MUSEE DE LOUさんと
鉱物アソビさん
大好きな世界観がコラボした
2011年の鉱物Bar vol.3 にて。
一目惚れした古い小箱と
この小さなカテドラルアメジストと
蛍石八面体(006)を求めました。

鉱物好きが再燃した直後のタイミングでこのイベントを知り
とてもラッキーだったと今でも思います。

鉱物アソビさんが主催し
「暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方」とのことで
毎夏、趣向を変えて行われています。
ミネショや即売会などとは目的が違うため
値段や鉱物のレア度や質がどうとかは比べられませんが
この初鉱物Barですっかり雰囲気の虜になり
出掛けずにはいられません。

自然の造形物って何でこんなに美しいのだろう。

そう思わずにいられないギャラリーで
訪れた記念に石をお土産にするのを
いつも楽しみにしています。



収納している箱
Madame Houlbert
小さな鉱物を一粒閉じ込める為の
アンティーク紙箱
(LE PETIT MUSEE DE LOU)

b0318351_09174904.jpg
b0318351_09175032.jpg
古びた文字を目を凝らしてよく見ますと
どうやら
Chirurgien-Dentiste
歯医者さんのファーマシーボックスのようです。
Madame Houlbert
女医さんなのでしょうか
Vichy
パリから南へ300kmにある
古くからの温泉保養地で
WWⅡではヴィシー政権で有名です。


購入日 19/08/11
鉱物Bar(東京サイエンス)

☆色見本帳☆
frostie white×peer mho bet



[PR]
# by coquelicot_bleue | 2014-02-28 10:00 | その他鉱物 北米 | Comments(0)

006




Fluorite Octahedron
(蛍石 八面体)

b0318351_19383195.jpg


大きさ 1.2×1.3×1.8(左・パープル)
    1.1×1.0×1.6(右・クリア)
CaF2
共生鉱物 Pyrite(黄鉄鉱)
Illinois,USA

画像が暗くてわかりづらいですが
ほのかなパープルとクリアの
蛍石八面体です。
黄鉄鉱が内包していて
光に反射してキラキラします。

b0318351_19383777.jpg
はじめて見た時、昔あった
ラメ入りスーパーボールみたいだと思いました。

b0318351_19384184.jpg
画像では捉えられませんが
まさにラメ入りの蛍石です。

収納している箱・缶・瓶
特になし
缶だったり、瓶だったり・・・
定位置が決まりません。
今はブログにUPするため
観察などで良く出し入れするので
ジッパー付き袋で保管しています。


購入日 19/08/11
鉱物Bar(東京サイエンス)

☆色見本帳☆
pale iris×真鍮色
clear×真鍮色




[PR]
# by coquelicot_bleue | 2014-02-23 20:40 | 蛍石 八面体 | Comments(0)

005



Fluorite
(蛍石)

b0318351_21215003.jpg

大きさ 3.4×4.7×2.3
(メイン結晶 1.5×1.7×1.7)
CaF2
on Dolomite (苦灰石)
Elmwood,Smith County,
Tennessee,USA


b0318351_21215479.jpg
b0318351_21220010.jpg
几帳面な立方体と
深い菫色に
なにこれ!?と一目惚れした石。

悩みながら、行ったり来たり。
一度昼食に外に出たのですがやっぱり忘れられず
また戻っての購入です。
悩んでいたのはお値段。
当時の私には高額標本で・・・(遠い目

ジーっと見ていたら2割引きしてくれました。
蛍石大好きになったきっかけの蛍石です。

エルムウッド地区には主に亜鉛やゲルマニウムを採掘していた
多くの鉱山がありましたが、
2003年春に最後の鉱山が閉山し
今は絶産となっているため、
今出回っているのは業者ストックや放出品でしょうか。
しかしそれなりに手に入りやすい
ポピュラーな産地です。

b0318351_21215622.jpg
全体に濃い紫色で写真に撮りづらいですが
ゾーニングも見えます。
メインの結晶以外にも
小さいながらも立派な立方体の結晶がパラパラと。

ドロマイトの母岩も美しいグレイ。
エルムウッド産はドロマイト上にあるものの他に
閃亜鉛鉱上にあるものもあります。


b0318351_21215869.jpg


収納している箱
標本箱 vol.1
b0318351_21221481.jpg


購入日 24/07/11
ミネラルザワールド横浜
母岩

☆色見本帳☆
pearl grey×紫紺色



[PR]
# by coquelicot_bleue | 2014-02-20 20:59 | 蛍石 北米 | Comments(0)

004



Celestite/Celestine
(天青石)

b0318351_18482686.jpg
大きさ 3.6×6.4×3.6
SrSO4
on matrix
Sakoany,Mahajanga
Madagascar

b0318351_19254906.jpg
セレスタイト/セレスタイン
硫酸ストロンチウム(SrSO4)を主成分とする鉱物です。
セレスタインは空色という意味。

この標本はちょっと灰味がかった空色。
たくさん並んでいた空色の標本の中でも
灰味、青味、黄味・・・
少しずつ色が微妙に違っていたような記憶があります。
落ち着いた色と大きなポイントの透明感が目立ち
選びました。

b0318351_19194907.jpg

b0318351_19195228.jpg

↓ここで自分の頭の整理。。。

セレナイト(Selenite)は
石膏(ジプサム)のうち透明なもの。透石膏。
石膏は硫酸カルシウム(CaSO4)を主成分とする鉱物。
有名なNaica鉱山の結晶洞窟はセレナイトの巨大結晶です。

セレスタイト、セレスタイン、セレナイト
がゴッチャになる私↑です。

ちなみに
マダガスカルとセイロン島もゴッチャになります。

話を戻して
重晶石(BaSO4)のバリウムと共に
ストロンチウム、カルシウム、バリウムは
同じ周期律表のIIa族。

では
オハイオの蛍石に良く共生している
白い石は何?
・・・
セレスタイト(天青石)
霜柱みたいな白い天青石のクラスターが
同じオハイオ州で採れます。

白い天青石!
ややこしや。

と、ここまで書いていて
白い天青石の単結晶を持っていることを
思い出しました☆


収納している箱
天使柄の古いサボンペーパー
b0318351_19224252.jpg

購入日 20/07/11
ホリ・ミネラルコレクティング
`11 Summer

☆色見本帳☆
smoke blue



[PR]
# by coquelicot_bleue | 2014-02-19 15:14 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

003



Amethyst
(紫水晶)

b0318351_18290549.jpg
1.9×2.5×1.5
SiO₂
on Matrix
Piedra Parada
Veracruz, Mexico


b0318351_18342296.jpg

アンティーク好きから
LE PETIT MUSEE DE LOUさんに辿り着き
古物と合わせた鉱物の魅力に石好きが再燃し
そこから『鉱物アソビ』を知り
以前良く買っていた、東急ハンズ池袋店へ行き(001)
新しく知った東京サイエンスに行き(002)
お隣の紀伊国屋書店で『鉱物アソビ』を購入しました。

折しも7月。
ちょうど即売会やミネラルショーが予定されている時期で
夏の自由研究気分にもなっていたのでしょう。
国立博物館や
練馬のホリミネラロジーや
cafeSAYAの鉱物カフェ(テーマ:蛍石)に
出掛けたりしてました。

そんな中でのホリ・ミネラルコレクティング

ちゃんとした即売会での初めての鉱物標本です。
産地といえば、ざっくりと
「ブラジル」
ぐらいしか知らなかった(特に水晶系では)私にとって
目からウロコでした。

その時は「ベラクルス」産が何たるかを知らずに
綺麗な紫と透明感とキラキラ感が
気に入ったアメジストです。
今思えば、王道を手に取りましたね。

b0318351_18341516.jpg
b0318351_18342080.jpg
石英に、微量の鉄イオンによって色がのります。
ベラクルーズ・・・メキシコ湾岸の州
ピエドラ・パラダ・・・Las Vigasラス・ビガスの近くの
山岳地帯?の地名?

googleで見る限り
すっごい山の中です。

ベラクルス産は
「世界一美しい」と言われています。
今はブランドバーグ産など新しい産地の出現や
石も色々、好みも色々ですが
上品な色と透明度はさすがです。
昔からある有名産地です。

正確には「アメスト」じゃなくて
Amethyst[ˈæməθɪst]・・・「アメスト」というのが本当です。
でも耳で聞くとアメストって聞こえる・・・。

収納している箱
標本箱 vol.1

b0318351_18343961.jpg


購入日 20/07/11
ホリ・ミネラルコレクティング
 '11 Summer

☆色見本帳☆
frostie white×peer mho bet



[PR]
# by coquelicot_bleue | 2014-02-18 18:39 | その他鉱物 北米 | Comments(0)