<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

171






selenite
(透石膏)


b0318351_21130693.jpg



ボールだけ 直径2.5cm
柱状結晶含む 3.6cm
化学式 CaSO4
Red River Floodway,
Winnipeg,Manitoba,
Canada



セレナイトボールなるものを知って
片思いしつつ1年あまり。
途中で入手した「欠片」111を眺めながら
いつかを待っていて
ついに!ご縁がありました。


b0318351_21130987.jpg

小さいのが欲しかったんです~。


b0318351_21131150.jpg


欲しいなと思いつつ
soldだったりサイズが大きかったりで、なかなか。


ブラックライトで蛍光&燐光します。


b0318351_21123201.jpg


脆くて湿気に弱く、取り扱い注意です。




収納している箱

b0318351_21122991.jpg


購入日 10/01/15
きらら舎



◆◆◆



取り扱い注意というのは
硬度もそうですが劈開(割れる方向)にも注目
また、触る、落とす、倒れる、湿気や乾燥や紫外線
のほかに
ミネラルタックは盲点だな~、と・・・。


鉱物の固定については、ミネラルタック派と
ホットボンド(グルーガン)派がいます。


私は、箱に入れたままや買ったままが多いので
「派」とかいう拘り具合ではないですが
ミネラルタックが多いです。
しかもお店で付いてきた物を使い回し・・・(汗)


メインの鉱物に注意していたら
なんと母岩が脆い!というのもあって
クリソコラの母岩がペリペリとはがれた事があります。
これはミネラルタックはやめて、箱に入れて保管しています。


また、ミネラルタックで固定された状態で購入した
柱状結晶の傾きが気に入らずに自分で固定しなおそうとした時は
お店でついてきたミネラルタックが
すごい粘着力で引き剥がす力が入り
壊れないかヒヤヒヤしました。


ミネラルタックもメーカーによって
いろいろあるのでしょうか。



お店によっても固定の仕方はどちらかで
ホットボンドなお店は
「ここが見所」というのを出してくるのでそれも楽しみたいです。
一方、ホットボンドをはがしてみると
見えなかった面が見えたりするのも興味深い。

どうして固定にコレを使っているのか、
いつか聞いてみたいと思います。


ホットボンドは見た目が美しいですが
付け外しが簡単ではなく、
慣れていないと角度の固定に気を使いそうですね。
夏の暑さで取れることもあるそうです。

ミネラルタックは付け外しが簡単ですが
崩れやすい鉱物には不向きで、
油分が染み出る、乾燥する等
経年劣化して鉱物によっては悪影響も。








にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-28 21:21 | その他鉱物 北米 | Comments(0)

170-②






happy bag 2015
(2015年 福袋)

b0318351_21001074.jpg

一般的にはミニチュアサイズ・・・という表現ですが
きらら舎さんの言葉をお借りすれば
ドールサイズ、というところでしょうか^^


ドールサイズの棚に、ドールサイズの鉱物を並べて
鉱物コレクターの部屋を再現したドールセットに憧れます。
いいな~。いつかやってみたいです。



b0318351_21001802.jpg

左:蛍石
Massif du Mont Blanc,
France


右:魚眼石
Wagholi pune,Maharashtra,
India


b0318351_21011057.jpg


左:蛍石
Rogerley mine,
Weardale,
Northern England


右:エルバイト
Mount Mica Pavis,
Oxford Co.,Maine,
USA



b0318351_21190198.jpg


大理石(Bianco Carrara Marble)上の水晶
Carrara,Toscana,
Italy


マグリットの絵みたい♪

「大理石」とは多くの方解石で構成されます。
蛍石やカバンサイトなどの共生鉱物として
方解石は今まで何度も登場しましたが
脇役のため、いままでタグを持っていませんでした(汗
なので、今回持たせました。




収納している缶
8.5×17×4.8cmのお菓子の缶

b0318351_22385112.jpg


購入日 07/01/15
IRUKA minerals




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-23 21:41 | その他鉱物 欧州 | Comments(0)

170-①




happy bag 2015
(2015年 福袋)


b0318351_22222139.jpg


去年のNehanさんの福袋に引き続き
2015年も運試し的に購入。
8.5×17×4.8cmのお菓子の缶に収まるほどの
可愛らしいコ達がやってきました。

アクリル台は一部、こちらで付けました。




b0318351_22224250.jpg

左:アメジスト
Goboboseb,Brandberg area,Namibia

ちょっとセプターっぽい。
持ってなかったのでセプターの様子が観察できて嬉。
ひょろひょろとしていてユニークです。

右:プレナイトと水晶
Goboboseb,Brandberg area,Namibia

ナミビアでもプレナイトって採れるんだな~と思いました。



b0318351_22224418.jpg

翠銅鉱
Namibia



b0318351_22224865.jpg

左:サルファー
La Facciata,Torano,Carrara,Italy

右:ガーネット
Erongo,Namibia


私の注目はサルファー(sulphur/硫黄)です。
綺麗だなーと調べてみると、
大昔から知られている鉱物なので
発見者は不明とのこと。
元素鉱物であること。
語源はラテン語で「燃える石」から。
かつては「黄色いダイヤ」として鉱山が賑わったこと。
硫黄自体は臭気を発しなくて(!)
いわゆる硫黄の匂いは
硫黄化合物なのである、とのこと。

ふむふむ~。

ちなみにその硫黄化合物である硫化水素は
金属腐食性があり、他鉱物にも影響を与えるとか。
空気中の水分と結びつくと発するため
この場合、別保管が望ましいのですが・・・。
ビジュアル重視で
敢えての缶保管・同保管にしてしまいました^^;


【追記2016.1.10】

ホリさんのセールの際に
ご自由にお取り下さい
で、いろんなサイズから選んでもらってきました。

b0318351_22465251.jpg
家に帰ってから
この小さなケースに入る小さな標本は?
と考えていたら、
あのサルファー!と思いつき、納めました。
小さいからそのまま缶にも入れられます。

今までは湿気ないように缶ごとチャック付き袋に入れ
乾燥剤も入れて保管していました。
湿気が(劣化が)怖くて夏はビニール越しに見たり(笑

ケースに入ったので、袋はとりました!
隔離したので、いつでも見れます。





収納している缶

b0318351_22385112.jpg



購入日 07/01/15
IRUKA minerals




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-22 22:42 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

169





quartz
(水晶)

b0318351_11213834.jpg


0.8×1.4×1.0cm
SiO2
共生鉱物 石油(oil)
Wadh, Khuzdar District,
Balochistan,
Pakistan



これも気になりながらも
入手していなかった鉱物。
Oil in Quartz


b0318351_11213588.jpg




b0318351_11214267.jpg
ボヤボヤ蛍光写真ですが・・・^^;
実際はもっときれいです。




収納している箱
蛍光鉱物の箱


b0318351_11214596.jpg

購入日 29/12/14
クリスタルワークス




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-18 11:28 | その他鉱物 アジア | Comments(0)

168






fluorite
(蛍石)


b0318351_21151359.jpg


2.0×2.9×2.2cm
化学式 CaF2
on Matrix
Auglaze Quarry,
Ohio,USA


最初の印象はメタリック・・・金属光沢だったので
フローライトには見えず。
そうだとしても、金属が付着しているのだと思ってました。
メタリックなフローライト!?と思いつつ
お財布の余裕も無かったので
その時は置いてきてしまいました^^;


その後
『Collector's Guide to FLUORITE』
を読んでたら
・・・
あのメタリックな蛍石は
これのことかー!となりました。
ちゃんと載っていました^^;;

これは・・・心残りで
年を越せないわー(`・ω・´)キリッ
ってことで結局購入。


b0318351_21151558.jpg

organic hydrocarbon thin film
天然の「炭化水素」による非常に薄い皮膜が
結晶に付着している、
iridescence coating fluorite
イリデッセンスコーティングなフローライト
なのです。

おもしろい!!

オーグレイズはこのような蛍石で知られる、とのこと。
有名なんですね^^;;;



「炭化水素」とは炭素原子と水素原子で出来た化合物の総称ですが、
この炭化水素ははっきりとした正体が未だに不明だそうです。

本によると、このゴールドのほかに
紫や青、緑、オレンジ色があるらしく、
ブルーメタリックやバイオレットメタリック・・・
是非見てみたいです♪

125と同じ産地なのに趣が違った感じです。
もともとの色は125のような紫なのかな~と思しき、
紫色のちいさな結晶が見えます。

b0318351_21151745.jpg

125と029とこれ。
オハイオ3兄弟です。


当初の予想通り、写真に撮りづらい(地味)。
特徴である光の干渉と
角度によっては透明感、
角度によっては紫色のアクセント、
お伝えできないのがもどかしいですが
これこそ見て楽しむって感じです。



購入日 29/12/14
クリスタルワークス




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-14 21:23 | 蛍石 北米 | Comments(0)

167






amethyst
(flower/stalactite)
(紫水晶)


b0318351_21233060.jpg


直径6cm 厚さ0.5cm
化学式 SiO2
Artigas,Uruguay


スタラクタイト・アメジスト
(鍾乳石状紫水晶)

氷柱のような瑪瑙を核にして
取り巻くように成長した水晶を
輪切りにしたものです。

これは「アメジスト」となってますが
ほんのり紫色がわかる程度のクリアーさです。
店主さん曰く、
周りが紫のものは見かけますが
限りなくクリアーなものを探していた、と。
光がとても良く似合う感じですね^^
グリーン部分はクロライト。
ピンクベージュの部分は・・・なんでしょうね。


b0318351_21233574.jpg

ふんわりとした上品な色合い。
瑪瑙の後にクロライト水晶が成長し
その上にアメジストが成長し・・・。
輪郭もくっきりとしていて
こんな石もあるんだなあ、と溜息です。
透明で、光に翳すと虹も浮かんで綺麗です。



少し前にネットで見て(既にsold)
忘れられずにいたので
まさかの同じタイプの、拝見できる機会にクラクラ。


これも石納め的な、一晩悩んで悩んで
「迎えに」いったもの。


ミュンヘンショーより。


収納している箱

b0318351_21233224.jpg

購入日 08/12/14
東京ミネラルショー(最終日)
USK MINERALS



・・・で。
このミネラルショーで、もう区切りをつけましょう・・・。

と、
いう事でしたが
もう少し続きます・・・続くのです・・・。


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-12 22:15 | その他鉱物 南米 | Comments(0)

166






chalcedony agate
(玉髄 瑪瑙)


b0318351_21590934.jpg


3.6×3.0cm 厚さ1.1cm
化学式 SiO2
Moonzie,Fifeshire,
Scotland




石の中に小さな世界を見るような。

“the universe”

最初はそんな印象でした。


あとでジワジワと魅力が強くなり
一晩、考えに考えて
諦められずに「迎えに」行きました。


スコットランドは瑪瑙の名産地だそうですが
その多くは私有地のため、市場にはあまり出回らないとか。
それでも、赤いものは見られますが
白いものは珍しいのだそうです。


私の初・瑪瑙原石となりました。
瑪瑙の世界もなかなか
コアなファンがいるようですね^^;
深そうな沼です。



裏は未研磨で
両面の違いを楽しめます。


b0318351_21591214.jpg
b0318351_21591533.jpg

円の中心はアメジストになっています。
(↑決め手)



元のオーナーのラベルもカッコいい☆

b0318351_21592290.jpg




収納している箱

b0318351_21591999.jpg

購入日 08/12/14
東京ミネラルショー(最終日)
USK MINERALS




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-12 22:14 | その他鉱物 欧州 | Comments(0)

165






fluorite
(蛍石)


b0318351_22524201.jpg


大きさ 2.5×2.5×2.0cm
化学式 CaF2
共生鉱物 quartz(水晶)
Zogno-Bergamo Province,
Italy




「パルフェ・タムール」を思わせる、
青味がかった紫色で、とても上品な色です。
この色、好きかも。ウットリ~♪
光に翳すと紫のグラデーションが美しい。


b0318351_22525943.jpg

水晶が華を添えている、
北イタリアのゾーニョ産の蛍石です。


b0318351_22593133.jpg

直角の端整な姿がまず目に留まり
イタリア産とのことで興味を持ち
(イタリア産の蛍石は持ってなかったので)
光に翳すとより綺麗と見せてくれて、
それが決め手。



もし暗い色の目立たない蛍石を見つけたら
光に翳してみると
ステキな発見があるかもしれません。




収納している箱

b0318351_22541231.jpg


購入日 07/12/14
東京ミネラルショー(3日目)
USK MINERALS





にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-02 23:13 | 蛍石 欧州 | Comments(0)

164





fluorite
(蛍石)


b0318351_18391238.jpg

大きさ 3.8×4.5×2.2cm
化学式 CaF
Annabel Lee Mine,Hardin Co.,
Illinois,USA



中国産蛍石八面体はオマケにくださいました。

アメリカのお店、McNeil Mineralsさんにて。
奥様が日本の方で親しみやすく
いつも大人気で、特に6月の新宿ショーでは近寄れない程。
イリノイをはじめアメリカの鉱物が豊富で、
値段設定も幅広く、セレクトもステキ♪

このお店から鉱物蒐集の虜になった方も
多いのではないでしょうか。


b0318351_18391679.jpg

初日は人垣で到底無理なので
(壊れものを扱うので押し合い圧し合いが怖いぃ~)
私はいつも2日目以降にゆっくり見ます。
補充品も良いものがあるので、見逃せません。
ちなみにこのフローライトや、
067のアメジストは補充品なんです。 

旦那さまは日本語できないとのことですが
「コレ見せてください」「ありがとう」「コレください」ぐらいの
簡単な英会話ぐらいでこちらから話しかけてみると
とても素朴でステキな方ですヨ♪

購入後、軽くクリーニングをしたら
輝きと透明度が増して、一層まんぞく♪



収納している箱
標本箱 vol.4

b0318351_18411358.jpg

購入日 07/12/14
東京ミネラルショー(3日目)
McNeil Minerals




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-02 19:03 | 蛍石 北米 | Comments(0)

163




fluorite
(蛍石)


b0318351_18033617.jpg

大きさ 2.1×2.2×2.0cm
化学式 CaF2
Hilton Mine, Scordale,
Cumbria, England



b0318351_17335701.jpg

ヒルトン鉱山の蛍石は
ずっと片思いでしたが
今回は蒐集納めの一つとして購入しました。


b0318351_17340969.jpg



収納している箱


b0318351_18122310.jpg

このもともとの黒箱に入っている姿が
一番しっくりして好きかも♪



購入日 07/12/14
東京ミネラルショー(3日目)
USK MINERALS




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-01 22:21 | 蛍石 欧州 | Comments(0)