<   2014年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

104




desert rose
(砂漠の薔薇)


b0318351_09435949.jpg


3.6×4.8×3.0cm
化学式 CaSO4
Namibia


世界最古の砂漠、ナミブ砂漠より。

もっと大きい標本だったのですが
好みの大きさに割りました。

036 に書いたように
生成途中で砂と混ざるため
砂漠の地域によって色が違う、とのことで
化学式は同じでも
メキシコ産と違って、茶色の砂漠の薔薇です。

砂の粒が良く観察でき
ナミブ砂漠ってどんなところだろう・・・と
エキゾチックな気分に浸れます。




収納している箱
ナミビアの鉱物切手

b0318351_09440580.jpg


購入日 02/01/14
2014年福袋
Nehan


☆色見本帳☆
sand


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-30 09:52 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

103






diamond
(金剛石)


b0318351_21511416.jpg


0.1ct
化学式 C
South Africa


b0318351_21511703.jpg


ダイアモンドの原石は八面体が多いです。
八面体好きとしては
いつか手に入れたいですね。

プレゼントされるなら
ダイアモンドのジュエリーよりも
ダイアモンドの原石のほうがいいな、なんて^^


収納しているのは
きらら舎さんのミニ試験管。
もともとはプラスチックのルースケースに
入っていたものをこちらに移しました。




購入日 02/01/14
2014年福袋
Nehan


☆色見本帳☆
clear


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-29 22:06 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

102




smoky quartz
(煙水晶)


b0318351_21145651.jpg


2.2×2.1×4.9cm
SiO₂
共生鉱物 epidote(緑廉石)
Santa Teresa Mts,
Arizona,USA


エピドートが内包された煙水晶です。

ルーペで見ると面白く
コロンとした姿も好きな石です。

b0318351_21150160.jpg


購入したお店によると
ディーラーさんが自らフィールド採掘したものらしいです^^



収納している箱
水晶の箱

b0318351_21290787.jpg


購入日 02/01/14
2014年福袋
Nehan


☆色見本帳☆
薄墨色×鶯色


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-27 21:32 | その他鉱物 北米 | Comments(0)

101





apophyllite/clear
(魚眼石)


b0318351_21533456.jpg

2.5×4.7×2.5cm
KCa4Si8O20F·8H2O(フッ素魚眼石)
on blue-chalcedony(青玉髄)
India


b0318351_21533992.jpg

ブルーカルセドニーの母岩にアポフィライト。

個人的にはドーム状の佇まいが
天文台のようで好きです。


b0318351_21534362.jpg


(アポフィライトについては057のとおり)



収納している箱
標本箱 vol.1

b0318351_21534694.jpg


購入日 02/01/14
2014年福袋
Nehan


☆色見本帳☆
clear×bluegray


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-24 21:58 | その他鉱物 アジア | Comments(0)

100




quartz
(水晶)


b0318351_22083118.jpg

9.0×12.0×5.0cm
SiO2
Manikaran,
India




北インド・パールヴァティ渓谷にあるマニカラン地区で採れた
いわゆる、マニカラン水晶です。


この水晶を手にして
マニカラン水晶、というものをはじめて知りました。
ちなみに、マラニカンやマニラカンなどに
言い間違えしやすいのでご注意を。


b0318351_22091802.jpg

白い面と赤い面に、
両面にある水晶クラスター


両面に成長する水晶が
なんとも不思議な光景に思えました。
水晶の成長方向って??重力に関係ないんだなー、と。
赤い母岩は鉄分によるものだそうです。


b0318351_22082819.jpg


← ここが   切断面かな?っていう所があります。
あとはびっしりと水晶が自然に覆っているからです。


テーブル珊瑚のように
板状の母岩がいくつかせり出していたのでしょうか。
上方向に?横方向に?
どちらが裏で、どちらが表?
これが元々どのように結晶してあったのかと思うと
興味深いです。









b0318351_22174072.jpg

b0318351_22174416.jpg


すっぽり手のひらに収まる大きさです。
この水晶を両手で包んで持つのが
感覚が研ぎすまされるというか、好きですね。



私は鉱物好きの中でもスピリチュアル系ではありませんが
クリエイターさんや、自分でブランドを持つ作家さんや物書きさんなど
自分のイマジネーションを生業とする方々が
水晶にインスピレーションを得ることが
この水晶を手にするとわかるような気がします。





収納している箱



b0318351_22221779.jpg



購入日 02/01/14
2014年福袋
Nehan


☆色見本帳☆
clear



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-19 22:37 | その他鉱物 アジア | Comments(0)

099




amethyst
(紫水晶)


b0318351_22201984.jpg


2.5×2.5×4.0cm
SiO2
Kazakhstan


こちらは骸晶のアメジストです。


b0318351_22201394.jpg

結晶の隅および輪郭部分のみが急速に成長することで、
このようにトップの面が凹型になるようです。
何らかの影響により
結晶面の輪郭と中央で成長速度が違ったというのは
一体何が起こったのでしょう。

英名ではスケルトンといいます。
そのままですね。


b0318351_22201623.jpg


レピドクロサイト(鱗鉄鉱)の赤いラメが点々とついていたり
持っていない産地だったり
結構な透明感も、お気に入りです。



ヒーリング系では骸晶はエレスチャルとも呼ばれるそうですが・・・
調べるとエレスチャルって、形に名付けられているのか?
色合いに名付けられているのか?
呼び名が一人歩きしてしまっている感があるので、省略 (=ω=)





収納している箱
水晶の箱

b0318351_21290787.jpg

購入日 02/01/14
2014年福袋
Nehan


☆色見本帳☆
light purple




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-18 22:26 | その他鉱物 アジア | Comments(0)

098





amethyst
(紫水晶)


b0318351_09291532.jpg


2.2×2.5×2.0cm
SiO2
Morocco



b0318351_09280347.jpg


透明なポイントの中に、もやっとした濃紫の色、
周りには細かい針状の赤紫のゲーサイト?が内包しています。
この産地に特徴的なアメジストです。
アメジストの紫は、含まれた鉄に
自然界の放射線が照射される
(鉄イオン化現象)のが原因だそうです。


この産地では「砂時計アメジスト」といって
DTの形状のなかに
砂時計のように左右に紫の色が乗っているものも^^



b0318351_09425377.jpg


表面が艶々と滑らかで、条線も見られないので
ポリッシュされているのだと思います。
なぜ、わざわざ磨いたのか不思議に思っていたところ
ホリさんのところで
モロッコのアメジストには表面が
透明なタイプとフロストなタイプがあって
フロストタイプの方が多く見られる、と読み
もともとこの結晶はフロストであって
中がよく見えるように磨いたのだろうと思うのです。

b0318351_09291815.jpg

裏はフロストです。
石(土の塊?)が一個挟まっており
カタカタと動きます。

北アフリカ・モロッコのサハラ砂漠は化石や隕石が見つかることで有名で
アメジストは探索の過程で見つかることが多いとか。
砂地の母岩で成長をしたため、底面はザラザラとした
再結晶面となっている事が多いようで
この結晶もそうなのでしょうか。





収納している箱
水晶の箱

b0318351_21290787.jpg


購入日 02/01/14
2014年福袋
Nehan


☆色見本帳☆
purple


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-15 09:59 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

097




lithium quartz
(リチウム入り水晶)


b0318351_21274625.jpg

2.0×2.7×5.0cm
SiO2
Brazil



これからは購入した福袋に入っていた鉱物から
いくつか紹介していきます。
蛍石オンリーだった私が
これを機に水晶の世界に開眼したようなもんです。
私にとっての、水晶スターターキット、という感じでした。

すみません、この時水晶の仲間はほとんど知らず・・・。
自分で見て選んで一つ一つ買った、というわけではない為
予備知識ないまま袋から取り出してみて
「なんじゃこりゃ?」が「わーおもしろーい♪」
に移行していきました^^


b0318351_21274334.jpg

まずはブラジルのリチウムクォーツです。
詳しい産地の明記はなかったのと知らない石だったので
以下、調べてみました。

ブラジルではバイーア州産が多いようです。
水晶がリチウムを内包することで、
こんな色をした結晶となるのですね。
この水晶は
表面にリチウムがコーティングされたような部分と
リチウムが内包されて層のように見える部分とがあります。

b0318351_21274961.jpg


実は第一印象いまひとつでした。
しかし観察しているうちにキラキラと綺麗な角度を発見。

b0318351_21275297.jpg

最初オシリの方を見ていたようで(←わかってない)
ツンツンした方が上なのか~。うん、キレイ!と^^;
大小のポイントが集まって
大聖堂(カテドラル)のようでもあり、山のようでもあり・・・。
壮大な美しさに惚れ惚れ(*´ェ`*)ポッ


b0318351_21275502.jpg


重なるリチウムのファントムも美しく
お気に入りになってしまって
しばらく携帯待ち受け画面にしていました。

種類としては
リチウムクォーツなんてあるのね~、と
一番関心を抱いたものです。

ところで、この形はカテドラルといっていいのですかね?
定義は「階段状に折り重なるように頂点を形作っているもの」とあったので
いいような気がしますが・・・。
いまいち、そういう名称は自信がありません^^;







収納している箱
水晶の箱


b0318351_21290787.jpg


購入日 02/01/14
2014年福袋
Nehan


☆色見本帳☆
ash rose


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-10 22:04 | その他鉱物 南米 | Comments(0)

096




emerald
(エメラルド/翠玉・緑玉)


b0318351_11174473.jpg


2.7×3.0×1.8cm
化学式 Be3Al2Si6O18
on matrix
Muzo, Boyacá,
Columbia




黄鉄鉱母岩の小さいエメラルド(021)は
どちらかというと
色の組み合わせが気に入ったのと、
初エメラルドなのと、
値段と、珍しいという商売文句に乗って購入しました。
TVで「耳をすませば」を観る度に
いつか母岩付きのそれなりなエメラルドが欲しい
と思っていました(アレは超高いでしょうが)。
エメラルドグリーンを楽しみたい!!

池袋ショーで見てはみたものの、
母岩が大きすぎたりして
ピンと来るものとお値段とが折り合わず・・・
そのうち、自分の目に自信がなくなって
どれもが接着品に見えてしまって結局手が出ませんでした。
(接着品の知識は鉱物蒐集はじめの頃は知りませんでしたので
この時期だからこそ、の知恵が付いたというかなんというか^^;)

結局。
接着品があるから注意だよ、と教えてくれた、というか
ネット上でその情報を目にする機会を与えてくれた
ホリミネラロジーさんにて、池袋ショーの後にネット購入しました。


b0318351_11174717.jpg



b0318351_11175237.jpg


2013年ツーソンショーより。
蛍石は自然光のほうが綺麗に撮れますが
エメラルドは色が白っぽくなってしまい
上手く表現できません・・・。





収納している箱
ベリルの箱

b0318351_11181674.jpg


購入日 19/12/13
ホリミネラロジー

☆色見本帳☆
emeraldgreen


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-10 11:53 | その他鉱物 南米 | Comments(0)

095




fluorite
(蛍石)


b0318351_23013608.jpg

3.0×6.3×3.5cm
CaF2
Argentina


アルゼンチン産特有の縞模様。
どちらかというと
研磨してあるほうを良く見ますが
これは未研磨のもの。

色の違いの原因は071で述べたように
含まれる希土類元素や分量や生成が異なることが原因ですが
同じ石の中でこのような縞々になるには
一体何が起こったのだろうと思うと不思議です。

b0318351_23014162.jpg

少々厚みがあるので
光をたやすく通してくれません。
それでも光に翳すと縞が細かく、綺麗。


他の産地の蛍石に比べてもろい印象で
剥離しやすい為、取り扱い注意です。


b0318351_23013857.jpg


縞模様の蛍石というと
イギリス・ダービーシャー州のキャッスルトンで産出された
「Blue John」もあります。
これは青~紫に黄色~白の縞模様がみられます。



収納している缶


b0318351_23013446.jpg

購入日 25/12/13
きらら舎

☆色見本帳☆
multi color

にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-08-06 23:08 | 蛍石 南米 | Comments(0)