カテゴリ:その他鉱物 アフリカ( 19 )

239






tanzanite
(灰簾石)



b0318351_10401207.jpg


タンザニア メレラニ産
多色性の宝石


ダビデの星を探してさまよっていた所に
目に止まったタンザナイト。
手の届くお値段で厚みもあって
多色性も分かりやすかったことが
決め手です。


正面が青みの強い紫
側面はピンク味の強い紫
…どちらも好きな色♪
下部は透明な褐色系。


石自体はゾイサイトの変種なので、
灰簾石というゾイサイトの和名も
当てはまる‥かな??
ゾイサイト…ピンとこなかったのですが
ルビーインゾイサイト!ああ、あれね~。
で、緑簾石グループ(鉄かアルミニウムかの違い)


この色のゾイサイトはバナジウムの発色だそう。
タンザニアでしか取れないそうです。
だから
「タンザニアの石」


b0318351_10405457.jpg

モース硬度が6~7で劈開性あり。
画像検索してみると
大体クラックが入っているのが納得。
検索で「モース硬度が低く」とあったのですが
自分目線だと
宝石視点じゃなくて鉱物視点なので
6~7?十分だよ…と一人ツッコミ。


b0318351_10412858.jpg


コルク栓を台座として
古い硝子管に。


ジェムエイコー





[PR]
by coquelicot_bleue | 2017-09-20 10:48 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

235




opal
(蛋白石)


b0318351_14033036.jpg


化学式  SiO2nH2O
Welo, Afar Province,
Ethiopia



この記事をupするにあたって
いつものように窓辺で自然光で
撮ったらばこの写真。


b0318351_14030205.jpg

ただの透明な、
ひょっとしたら劣化したレジン。。。

くるくると石を回して遊色を探してみても
見当たらず、一瞬焦りました。



蛍光灯下に移動したら
遊色見えてきて少しホッとはしてみたもの
あれあれ~こんなんじゃなかったはず。


b0318351_14030453.jpg



購入時の環境に近づけてみたら??

b0318351_14052797.jpg

黒箱に入れたら
自然光でもバッチリ遊色が見えました。

…つまり黒背景…
明るい、または白背景だったのが
いけなかったようです。
オパールの中でも透明なオパールの宿命?


これを購入したのは晩秋なので
またその時の自然光で試してみます。





USK MINERALS



◆◆◆



梅雨明けして夏真っ盛り、
日差しに強さと角度を感じる今日このごろ。
石が美しく撮影できる柔らかい日差しの季節まで
今年も少々お休み致します。





にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2017-07-19 14:19 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

228




cerussite
(白鉛鉱)



b0318351_10354654.jpg


PbCO3
共生鉱物 銅色の鉱物が付着
Tsumeb Mine,
Otjikoto,Namibia




冬が忘れていった雪の結晶



そこそこ白くそこそこ透明感あり
雪の結晶型がいいな~と思っていた理想に近いもの。
銅色の粉がキラキラ、がポイント。


ツメブ、モロッコ、イランの産地がメジャーです。

中でもツメブ鉱山産出は憧れでした。



東京国際ミネラル秋のフェア2016
(ホリミネラロジー)





にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2017-04-18 11:03 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

191






ajoite
(アホー石)



b0318351_22075603.jpg



3.4×5.0×2.9cm
化学式
K3Cu2+20Al3Si29O76(OH)16·8H2O
共生鉱物 in quartz
Messina mine,
Limpopo, South Africa




こういうのがいいな、と思っていた
アホー石インクルでも特に透明水晶のもの。
そして
メッシーナ水晶といえば、
↓私の最初のインパクトだったカオリンの白と鉄分の赤


b0318351_22074539.jpg


そんな理想が集まった、
「1粒で2度美味しい」…
透明水晶に浮かび上がるネオンブルー
カオリンの白
鉄分の赤
いろんなポイントが楽しめるクラスターです。



b0318351_22081386.jpg



b0318351_22081627.jpg


メッシーナ鉱山は銅の鉱山
アホー石は銅の二次鉱物になります。
この石の単結晶はなんとも地味なんですが
水晶に入り込むと幻想的ですね。

原産地である、米・アリゾナ州の地名
Ajo(アホー)にちなんで命名されているそうです。

ネットサーフィンをして見つけたものですが
アホー石、アホーアイト、アジョイト、アホイト
沢山検索しました。




購入店
粒売りドットコム



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-12-17 22:17 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

185






Amethyst
(紫水晶)



b0318351_16410092.jpg


2.5×2.0×3.7cm
化学式 SiO₂
Goboboseb Mtns,
Brandberg,Namibia




紫と黒が入り混じった
色濃い目のブランドバーグ




b0318351_16410793.jpg


半額saleに背中を押されて購入♪

光に翳してクルクル眺めていると
不意に虹が現れます。


購入日 26/07/15
ミネラルザワールドin横浜
(m-stone)




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-11-08 16:50 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

178





smoky quartz
(煙水晶)


b0318351_19324140.jpg


2.7×2.5×3.8cm
化学式 SiO₂
Morocco


バランスのとれた立ち姿。
かっこいいです。


なんだろう。
自分のイメージでは
海辺の崖の上に立つ、朽ちた城か修道院のよう。

海に崩れ落ちる塔と残る塔、そして瓦礫。


b0318351_19330179.jpg


アンティークフェアで購入した鉱物。

もちろんアンティークフェアですので
心構えなく鉱物欲ゼロで行ったのですが
思いがけず、だからなのか
照明にキラキラキラキラ~ッとある姿に
テンションup↑

購入店の奥様が鉱物好きで、とのこと。
確かに、究極のアンティークですかね^^これは。


この間の蛍石でモロッコブームだったので
産出国もツボでした。
あまりこの国の煙水晶、聞かない??


b0318351_19330377.jpg


瓦礫の部分は光に反射して
煌めきます。
照りが良い煙水晶です。


b0318351_19344390.jpg





収納している箱



b0318351_19344023.jpg

ぴったりな箱つき。
この手作り感もツボでした。



購入日 31/05/15
アンティークフェアin新宿
(La Trois)




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-10-12 20:20 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

170-①




happy bag 2015
(2015年 福袋)


b0318351_22222139.jpg


去年のNehanさんの福袋に引き続き
2015年も運試し的に購入。
8.5×17×4.8cmのお菓子の缶に収まるほどの
可愛らしいコ達がやってきました。

アクリル台は一部、こちらで付けました。




b0318351_22224250.jpg

左:アメジスト
Goboboseb,Brandberg area,Namibia

ちょっとセプターっぽい。
持ってなかったのでセプターの様子が観察できて嬉。
ひょろひょろとしていてユニークです。

右:プレナイトと水晶
Goboboseb,Brandberg area,Namibia

ナミビアでもプレナイトって採れるんだな~と思いました。



b0318351_22224418.jpg

翠銅鉱
Namibia



b0318351_22224865.jpg

左:サルファー
La Facciata,Torano,Carrara,Italy

右:ガーネット
Erongo,Namibia


私の注目はサルファー(sulphur/硫黄)です。
綺麗だなーと調べてみると、
大昔から知られている鉱物なので
発見者は不明とのこと。
元素鉱物であること。
語源はラテン語で「燃える石」から。
かつては「黄色いダイヤ」として鉱山が賑わったこと。
硫黄自体は臭気を発しなくて(!)
いわゆる硫黄の匂いは
硫黄化合物なのである、とのこと。

ふむふむ~。

ちなみにその硫黄化合物である硫化水素は
金属腐食性があり、他鉱物にも影響を与えるとか。
空気中の水分と結びつくと発するため
この場合、別保管が望ましいのですが・・・。
ビジュアル重視で
敢えての缶保管・同保管にしてしまいました^^;


【追記2016.1.10】

ホリさんのセールの際に
ご自由にお取り下さい
で、いろんなサイズから選んでもらってきました。

b0318351_22465251.jpg
家に帰ってから
この小さなケースに入る小さな標本は?
と考えていたら、
あのサルファー!と思いつき、納めました。
小さいからそのまま缶にも入れられます。

今までは湿気ないように缶ごとチャック付き袋に入れ
乾燥剤も入れて保管していました。
湿気が(劣化が)怖くて夏はビニール越しに見たり(笑

ケースに入ったので、袋はとりました!
隔離したので、いつでも見れます。





収納している缶

b0318351_22385112.jpg



購入日 07/01/15
IRUKA minerals




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-22 22:42 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

156




dioptase
(翠銅鉱)


b0318351_17362819.jpg

大きさ 1.4×2.6×1.9cm
化学式 CuSiO3·H2O
on matrix
Tsumeb Mine,
Namibia



和名のほうが好きです。

私は蛍石が好きですが
最初に出会った、綺麗だ~と思った鉱物は翠銅鉱です。
初めて行ったホリさんの即売会で
そのエメラルドグリーンに、キラキラの照り。
母岩に粒つぶの、たぶんカザフ産だったかな?
結局購入しませんでしたが・・・。

ポピュラーな鉱物で入手しやすいので
いつか、と思いつつ手に入れないまま
いろいろ見ているうちに目だけが肥えてしまい
買うのなら
粒の大きいナミビア産と決めていました。


b0318351_17362341.jpg

サムネイルのちょうどいいサイズで
母岩付き。
白と緑のコントラストが爽やかな
綺麗な結晶です。

b0318351_17363478.jpg



鉱物切手も1シリーズ揃えてしまったほど
ナミビアの鉱物は大好きです。

ツメブ鉱山と翠銅鉱

b0318351_17440133.jpg

このシリーズの切手で
持っている鉱物は今のところ、この翠銅鉱と砂漠のバラ。
藍銅鉱の切手絵柄もステキなんですよー♪
切手に合わせて
鉱物をそろえてみたいなーとも思います。




収納しているケース

b0318351_17361729.jpg


購入日 05/12/14
東京ミネラルショー
The 1 Mineral and Gem




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村

[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-01-29 17:54 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

139






quartz
(ホランド鉱入り水晶/星入り水晶)

b0318351_13261704.jpg


2.3×2.7×4.5cm
SiO2
共生鉱物 hollandite(ホランド鉱) Ba(Mn4+,Mn2+)8O16
Madagascar


ホランド鉱を含んだ水晶です。

b0318351_13261251.jpg

ホランド鉱単体は塊で産出しますが
水晶に入ると放射線状に結晶するのだとか。
おもしろいです。


b0318351_13255798.jpg


星入り水晶、星宿り水晶という名前と
愛らしさが良くて、
いつか欲しいと思っていましたが
「こういうのが好き」というイメージが固まっておらず
なんとなく入手していませんでした。



この石は雰囲気に一目惚れ。
ハッキリした一つ星に、形も、素敵♪


大きなポイントの周りに小さなポイントが群生しており
ぼんやり白い、磨き無し原石で
後姿も好き。
マーメイドドレスのような流れが美しいのです。

b0318351_13260041.jpg


b0318351_13262193.jpg

2014年サンマリーショー仕入れとのこと。

スピリチュアルの世界では
こういう水晶の形は「アバンダンス」といわれるそうです。




収納している箱
標本箱 vol.4

b0318351_13255474.jpg


購入日 22/08/14
Nehan



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-12-20 13:54 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)

133






brandberg quartz
(ブランドバーグ水晶)

b0318351_11522231.jpg


直径2.0×5.3cm
化学式 SiO₂
Goboboseb Mtns,
Erongo Region,Namibia




欲しいと思いながらも・・・入手には至らなかったのですが
このときはタイミングとお財布の中身が合い
一目惚れしたものを購入しました。


b0318351_11522784.jpg

淡く滲んだような墨色と藤色に
この透明感。
レピドクロサイトやヘマタイトも付いていて
エア入り、水入り、というのは
この地域産の特徴でもあります。
全体に濃い紫の、マゼンタ色のものもありますが
個人的には淡くぼやーっとしたものが好きです。


b0318351_11522518.jpg



ブランドバーグエリアの内でも
ゴボボセブ・マウンテンのもの。
同エリア内の
ブランドバーグ・マウンテンは現在、採掘禁止だとか。



「ブランドバーグ」とは「炎の山」の意。
地図で見るとナミブ砂漠に現れる円形の大きな山体がわかります。
宇宙から見るとホントに円形で、面白いです。
Brandberg Mountainで画像検索すると
平坦な砂漠の向こうの雄大な姿に圧倒されます。

ゴボボセブ・マウンテンは、
そのブランドバーグ・マウンテンの西にあります。
麓にmessumクレーターがあって、
クレーターといっても火山活動による地形であるようです。
隕石衝突クレーターではないとのこと。




収納している箱

b0318351_11521810.jpg
白い箱に色が映えて美しいです。



購入日 25/07/14
ミネラルザワールドin横浜
クリスタルワークス



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2014-12-04 11:57 | その他鉱物 アフリカ | Comments(0)