168






fluorite
(蛍石)


b0318351_21151359.jpg


2.0×2.9×2.2cm
化学式 CaF2
on Matrix
Auglaze Quarry,
Ohio,USA


最初の印象はメタリック・・・金属光沢だったので
フローライトには見えず。
そうだとしても、金属が付着しているのだと思ってました。
メタリックなフローライト!?と思いつつ
お財布の余裕も無かったので
その時は置いてきてしまいました^^;


その後
『Collector's Guide to FLUORITE』
を読んでたら
・・・
あのメタリックな蛍石は
これのことかー!となりました。
ちゃんと載っていました^^;;

これは・・・心残りで
年を越せないわー(`・ω・´)キリッ
ってことで結局購入。


b0318351_21151558.jpg

organic hydrocarbon thin film
天然の「炭化水素」による非常に薄い皮膜が
結晶に付着している、
iridescence coating fluorite
イリデッセンスコーティングなフローライト
なのです。

おもしろい!!

オーグレイズはこのような蛍石で知られる、とのこと。
有名なんですね^^;;;



「炭化水素」とは炭素原子と水素原子で出来た化合物の総称ですが、
この炭化水素ははっきりとした正体が未だに不明だそうです。

本によると、このゴールドのほかに
紫や青、緑、オレンジ色があるらしく、
ブルーメタリックやバイオレットメタリック・・・
是非見てみたいです♪

125と同じ産地なのに趣が違った感じです。
もともとの色は125のような紫なのかな~と思しき、
紫色のちいさな結晶が見えます。

b0318351_21151745.jpg

125と029とこれ。
オハイオ3兄弟です。


当初の予想通り、写真に撮りづらい(地味)。
特徴である光の干渉と
角度によっては透明感、
角度によっては紫色のアクセント、
お伝えできないのがもどかしいですが
これこそ見て楽しむって感じです。



購入日 29/12/14
クリスタルワークス




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
[PR]
by coquelicot_bleue | 2015-02-14 21:23 | 蛍石 北米 | Comments(0)
<< 169 167 >>